自動車保険用語集

人身傷害補償特約

補償の対象となる方が自動車事故で死傷または後遺障害を負われた場合に、その方の過失の有無と関係なく、人身傷害補償特約記載の基準に基づいて算出した損害額(逸失利益や治療費など)について、被保険者1名につき、保険金額(所定の重度後遺障害を負われ、かつ、介護が必要と認められる場合は保険金額の2倍の金額)を限度に保険金をお支払いする特約です。
人身傷害には、次の2種類があります。

<人身傷害の種類>
(○印は補償の対象となること、×印は補償の対象とならないことを示します。)


人身傷害の種類補償の対象となる方事故例1事故例2事故例3
ご契約のお車に搭乗中の自動車事故他のお車(バス、タクシー等を含む)に搭乗中の自動車事故歩行中、自転車走行中の自動車事故
一般本人とご家族(注1)○(注2)
上記以外の方××
搭乗中のみ(注3)本人とご家族(注1) ××
上記以外の方××

(注1)「本人とご家族」とは次の方をいいます。

  • @記名被保険者
  • A記名被保険者の配偶者
  • B「記名被保険者またはその配偶者」の同居の親族
  • C「記名被保険者またはその配偶者」の別居の未婚の子(※)
  • (※)記名被保険者およびその配偶者のいずれとも別居している方とします。

(注2)次の損害は補償の対象となりません。

  • ・上記@〜Bの方が所有または常時使用する他のお車に搭乗中の事故による損害
  • ・上記Cの方が所有または常時使用するお車をCの方自らが運転中の事故により、そのお車に搭乗している方に生じた損害
  • ・「そんぽ24自動車保険の対象となる用途車種」以外のお車を借用運転中(※)の事故により、その運転者に生じた損害
  • (※)弊社では代車やレンタカーについてご契約をお引き受けしておりませんが、「そんぽ24自動車保険の対象となる用途車種」に該当する代車やレンタカーを一時的に借用運転中の場合、この補償の対象となります。

(注3)「人身傷害補償の被保険自動車搭乗中のみ補償特約」をセットした人身傷害の種類をいいます。


びっくりマーク補償の重複について
同種の補償が他のご契約でセットされている場合、事故例2、事故例3に対する補償が重複する可能性がありますのでご注意ください。


≪詳しくはこちら≫

  • ●人身傷害では上記の保険金のほか、人身傷害臨時費用保険金がお支払いの対象となります。
    人身傷害臨時費用保険金:被保険者1名につき、人身傷害事故により死亡された場合には15万円、3日以上入院された場合には3万円をお支払いします。
  • ●賠償義務者(相手方)がいる場合の保険金のご請求方法には、次の方法があります。
  • @相手方からの賠償に先行してお客さまの損害額全額について保険金をご請求いただく方法
  • A相手方からの賠償金受領後に保険金をご請求いただく方法
    なお、人身傷害の保険金は相手方からの賠償金等と重複して支払われるものではありませんので、Aの方法の場合、お支払いする保険金が生じないことがあります。

なぜ必要?人身傷害

50音から探す

閉じる
i-ask